ぶどうの果実

エセオタクが綴る、日々のまにまに

あずさ

f:id:budou19740129:20171029001808j:plain

 

説明するまでもなく、中央線を走る特急の愛称。


かつては急行アルプスとともに中央線の都市間輸送を担っていたが、分割民営化直前のダイヤ改正でこのアルプスを統合し運転本数を大幅に拡大した。
他地域と違って新幹線が作られることもなく需要は安定して多いので、本数は減るどころか臨時列車はスジを立てることが難しいくらいだそうで。

とき・あさまでも使用されていた181系で運転を始めて、183系・E351系・E257系と様々な車両を投入して歴史を重ねてきた。

そして、あずさ運転開始以来の革命となりそうな新型車E353系がいよいよ12月23日から運転開始となる。
E353系は、古さの目立ってきたE351系の代替と中央線の車両統一による合理化を考慮して製造しているとされ、これが成し遂げられたあかつきには同一形式の新型車で運転されることになる。これで列車によって設備(位置やクオリティ)が違うなどの差がなくなる。

中央線新型特急車両 E353系の営業運転開始について(JR東日本 長野支社)
http://www.jreast.co.jp/nagano/pdf/171026.pdf

f:id:budou19740129:20171029001503j:plain

 

 

 

長々と説明をしてきたが、中学生から社会人新人の頃まで南武線沿線に住んでいた身からすると、国鉄の幹線で一番身近だったのが中央線だった。

とりわけ、あずさは停車駅も限られ(アルプス統合前は、立川には全く止まらなかった)スピードも速く、私にとっては花形の存在だった。
それ故に乗れた時の喜びはひとしおで、その時は今までの人生の各々の句読点と言っても過言ではないものになっている。

 

f:id:budou19740129:20171029001401j:plain

一番好きなところといえば、183(189)系。
正面に絵幕表示を備え長編成で走る光景は、かっこいいの一言で表現できる。
しかし、かつてはデジカメなどあるはずもなく記録する手段が少なく、デジカメが普及し私が入手できた頃には、すでに定期運転から外れる直前になっていた。
今、183系が好きな電車の最上位に君臨しているのは、こういう事情があったからなのかとこの記事を書きながら思っている。

 

f:id:budou19740129:20171029002252j:plain

そんな183系をさんざん追い掛け回してきたが、いよいよこのE353系の登場で臨時のあずさからも撤退することが事実上決まったわけで、私の中のあずさの思い出はいよいよ記憶のものになっていくだろう。
特別な存在であったものが手からこぼれ落ちていくみたいで、正直寂しい。
あずさは変わらないけれど、私の中のあずさはいよいよその終焉を迎えるんだな…そう感じたニュースリリースなのでした。

おみまい

22日日曜日から23月曜日の台風21号による被害を受けた方には、お見舞いを申し上げたい次第。
22日は衆議院総選挙があったために、マスコミ報道はほとんどされず被害を受けた方もその地域を心配する人も不安な一夜だったと思います。今回は、私もその一人でしたから実感しました。


伊勢湾台風並みを云われた台風21号は甚大な被害を残していきましたが、市民・国民には、その危険性を適切に知らせる必要があるはず。
でも自治体が対応できる範囲や影響力には限界があり、その一助となるのは公共の電波を使用しているマスコミの報道であり、それは社会貢献活動として行う責務があります。しかし、彼らはそれを怠った。

興味を惹きやすい総選挙というお祭り彼ら自身しか盛り上がっていなかったんじゃないか? 私はそう感じています。
国民を守るとか国民目線とか国民ファーストとか、この時期にしか吐き出さない政治家のワードを世間に伝えることが、その時に最重要であったか?
さにあらず、回りが見えていないからこそこうなった。
ホントに「国難」があった時に、どれだけ政治家やマスコミは対応するのだろうか。

SNSを有効活用しかつ情報の選別ができる人とそうでない人に、得ている情報量の格差がある。与えられた情報が多いと迷いもするが、より適切な回避行動をとることもできるだろう。

実際、物的損害や心配するなどで気がかりだった人は大変。
でもそこに心からお見舞いする気持ちが、政治家やマスコミにあるのか。
国民の生活が一番というが、その手が伸びなかった時のお見舞いは誰がしてくれるんだろうか。

 

webニュースですが、ここに正直な市民の意見が集約されているのではないでしょうか?

【ブチギレ】大阪府民が「衆院選2017」の選挙報道に激怒しているたった1つの理由 | ロケットニュース24

なつかし

西武多摩川線をご存じだろうか?

かの西武鉄道…の本線とは全く接続しない離れ小島のローカル線。
黄色の西武の電車とは違ったのんびりさが漂う。
始発の武蔵境駅を除いて自動改札機がなく、列車が着くたびに駅員さんが改札に立つというひと昔前の様相。

しかし、JR中央線と接続し住宅街も走ることから需要はそこそこ。
かつて私自身も吉祥寺へ遊びに出かける時には、この西武多摩川線を使っていたくらいですから。

 

そんな西武多摩川線が、この度開業100周年となりイベントを開催することになりました(12月31日まで)。
URL:https://www.seiburailway.jp/news/news-release/2017/20171019tamagawasen100th_2.pdf

天気が思わしくない中、肩の力を抜いて遊びに行ってみた。

 

始発の武蔵境は、かつて砂利を運ぶための線路がたくさんある中、電車は中央線と同じホーム1線を使っていました。(中央線で来て目の前でドアが閉まったことは1回や2回じゃなく…)
今は、周辺の高架化で新しい駅となりエキナカを備えた独立した新しい駅に変わりました。
サイゼリアがあったのは助かったなという個人的な感想()

f:id:budou19740129:20171020223146j:plain

 

電車に乗ってみますが、全て101系。
かつて西武秩父線開業のために開発された万能電車でしたが、3ドアという構造が災いしたのか今は多摩湖線多摩川線を走るのみになってしまいました。
西武といえば黄色…という塗装ではなく、全車白色です。
…しかしこの100周年イベントでは、同じく100周年を迎える伊豆箱根鉄道に譲渡した101系と同じカラーを多摩川線でも再現するのが、一つの売りです。

f:id:budou19740129:20171020223403j:plain

 

次の新小金井で下車。
多摩川線は、6駅あるうち日中交換をするのは、新小金井と白糸台。(多磨では行わない)
沿線撮影するのには雨がしんどい私は、駅チカで手を抜くことにw
新小金井の交換風景を3セットカメラに収め、ご満足。

f:id:budou19740129:20171020223458j:plain

f:id:budou19740129:20171020223624j:plain

f:id:budou19740129:20171020223648j:plain

 

車両基地多摩川線を管轄する部署の多摩川線管理所がある白糸台へ。
京王線武蔵野台へは500m程度なので、乗り換え客も多い。
…写真をと思いましたが、なかなか難しい。北多磨1号(白糸台1号相当)踏切へ行ってみるも、いろいろと邪魔な設備があり撮影を断念。
車庫で待機中のもう1編成だけ撮影してはおきました。

f:id:budou19740129:20171020223825j:plain

 

 

武蔵境でサクッと撮影し帰宅(なんか3時間くらいかかったのかは公然の秘密である)。

海産物居酒屋 さくら水産 秋津南口店(地図/写真/東村山/居酒屋) - ぐるなび

 

私にとっても懐かしい。
そして、初めて乗る人にも懐かしいと思える…そんな路線西武多摩川線
ぜひ乗ってみては?

f:id:budou19740129:20171020224924j:plain

 

しっぱい

最初から成功するなんて発想は、よほどの自信家か無頓着だった者が取り組む姿勢だろう。

 

一個に注目するより、あちこちに目を行き届かせることが成功への王道。
ここの視点が欠落しはじめること、それが失敗への道。
地道に一つづつかつ確実に。でもムリはしない。

 


二度三度と立て続けに失敗を重ねると、必ず人間は破たんする。
よほどの自信家か無頓着な者でないと。

 

失敗しないためには、少しの成功を積み上げていくことが大事。

やりすぎ

最近はよろしくない。疲れる。
肉体は40歳過ぎてから、線を引っ張ったようにガタが来た。
しかし、それではない。


話題の社会問題に私の業務も大きく絡んでいるんだが、まだまだその業務への理解が進まないことが多くて、それをいちいち指摘することしきり…。
直接利益をもたらすわけじゃないから、余計に。自分たちのことでもあるのに、と思いながら。

昔は図書券のためにがんばったがそれは一応の成果になった。でも今はがんばったところで1円の金も賃金が増えるわけじゃない。
それでもこれが性格なのかこれまでの社会人生活で染みついたものか、無駄にがんばってしまう。

事は知っている。
でも、私も同じように自分を理解をしていない。
だから、前と変わらない。

喉もとで飲みこんでしまっていないからこそ、まだマシだが。
いつまで無事でいられるもんだが。
ちょっとヒヤヒヤ。

10年前と同じ思いはしたくないものだ。
ムリなものはムリと言おう。
そして、ムリは止めよう。

やっかい

他人がルール・マナーに反することをとても許せない。

線引きして正そう…そういう性格であることを、知ってはいる。明確な線引きを避けてグレーにしていることも飲み込んでいるつもり。

でも、つい頑なに守ろうとするんだよね。しかも不必要なエネルギー・心身の消耗もして。

反面、写真を撮ることにこだわりは必要。他人に伝えなくても自分の満足が得られれば、それでいいから。

しかしこんな場面でも、しくじりを後悔することは少なくない。それは自分への不満になる。

 

どちらも上手く流せるのは、中身をよくよく知らないとできないことだから、まだまだ世間知らずなんだろな。

 

性格の曲がり方が変な方向へ向かうと、人生全く厄介です。

あいしゃ

運転免許を取得したのは、30歳の時。

有休が溜まっていて消化できる時間が確保できたので、何かしようと思いついた…それくらいの気楽さで取り組みました。

免許取得する前から中古車屋さんでクルマを確保して、免許証を手にしたその日の夕方にはお持ち帰りのせっかちさんでした。
初めてのクルマは、mazdaデミオの1500cc。

その後、職場異動した先の後輩? (経験は上)が、HONDA FORZAというビックスクーターに乗っているのをうらやましがって、今度は二輪の免許を取得。

常に浮気性がある私が乗った車両はあまたあり。
いろんな車両に乗ってみたい。そんな欲望がいまだ渦巻いてます。

でもいい加減に、1両の車両を大事に長く乗ってあげたい。
入手するごとに必要な装備(ETC・グリップヒーター・リアボックスなど)をいちいち追加して金銭的に大変なこともあるけれど、もっと車両に愛着を持たなきゃ私に買われたバイクがかわいそう。整備もおざなりになるし(必要な部品交換はやっていますが)。

 

f:id:budou19740129:20171006230337j:plain

現有のHONDA PCX150。

 

     f:id:budou19740129:20171006230336j:plain          デジタルやLEDのインジケターを採用し、近未来感を受けます。
     アイドリングストップ機能もあるので、エコ運転にも貢献。
     燃費も50km/Lを割り込むと残念なレベルになるくらいの低燃費。         



今の愛車は、HONDA PCX150(KF18)というスクーター。文字通り150ccのバイクですが高速道路に「乗ることはできる」車両。それをいいことに、近所の買い物から100~150km程度の遠征まで幅広く使ってます。
一回手放したんですが、車庫の制約や使い勝手の良さのミキシングで再度購入した次第。

 

やっぱり愛車というのは、どこへでも出かけたくなり使いたくなる車両。
そんな相棒に自分の意識をどう高めていくか。


また飽きそうな自分に釘を刺してみました。
ちゃんと愛車乗れ。