ぶどうの果実

エセオタクが綴る、日々のまにまに

あいしゃ

運転免許を取得したのは、30歳の時。

有休が溜まっていて消化できる時間が確保できたので、何かしようと思いついた…それくらいの気楽さで取り組みました。

免許取得する前から中古車屋さんでクルマを確保して、免許証を手にしたその日の夕方にはお持ち帰りのせっかちさんでした。
初めてのクルマは、mazdaデミオの1500cc。

その後、職場異動した先の後輩? (経験は上)が、HONDA FORZAというビックスクーターに乗っているのをうらやましがって、今度は二輪の免許を取得。

常に浮気性がある私が乗った車両はあまたあり。
いろんな車両に乗ってみたい。そんな欲望がいまだ渦巻いてます。

でもいい加減に、1両の車両を大事に長く乗ってあげたい。
入手するごとに必要な装備(ETC・グリップヒーター・リアボックスなど)をいちいち追加して金銭的に大変なこともあるけれど、もっと車両に愛着を持たなきゃ私に買われたバイクがかわいそう。整備もおざなりになるし(必要な部品交換はやっていますが)。

 

f:id:budou19740129:20171006230337j:plain

現有のHONDA PCX150。

 

     f:id:budou19740129:20171006230336j:plain          デジタルやLEDのインジケターを採用し、近未来感を受けます。
     アイドリングストップ機能もあるので、エコ運転にも貢献。
     燃費も50km/Lを割り込むと残念なレベルになるくらいの低燃費。         



今の愛車は、HONDA PCX150(KF18)というスクーター。文字通り150ccのバイクですが高速道路に「乗ることはできる」車両。それをいいことに、近所の買い物から100~150km程度の遠征まで幅広く使ってます。
一回手放したんですが、車庫の制約や使い勝手の良さのミキシングで再度購入した次第。

 

やっぱり愛車というのは、どこへでも出かけたくなり使いたくなる車両。
そんな相棒に自分の意識をどう高めていくか。


また飽きそうな自分に釘を刺してみました。
ちゃんと愛車乗れ。